ヘアスタイルを楽しむためチェックするポイント

薄毛治療の医療費

専門クリニックでの医療費

頭髪専門医がいる専門クリニックや頭皮外来などで薄毛治療をする場合の医療費は、どんな治療をするかによって異なります。薄毛には個人差があり、個人によって薄毛の進行状態や毛質や体質が異なります。従って、個人によって治療法や治療期間が異なり、医療費も違います。 AGA治療薬プロペシアは一か月分で6千円ほど、オーダーメイドの内服薬は一ヶ月5千円、ロゲインなどの外用薬は一か月分5千円、オリジナルの外用薬だと2万円ちかくの価格がします。 成長因子を投与する育毛メソセラピーを受けると一回コースで8万円前後、3回コースで20万円前後の医療費が負担になります。自毛植毛は数量によって異なり、40万円〜100万円ほどかかります。

AGA治療薬の誕生と歴史

薄毛治療は日々進化しています。科学技術の進化により、将来は薄毛やAGAといったものがなくなることが予想されています。今のようにAGAという言葉が世に広まり、薄毛治療が画期的に進化したのは、AGA治療薬のプロペシアが販売され出した頃からです。プロペシアはフィナステリドを主成分としている、世界で初めて開発されたAGA治療薬です。飲む育毛剤とも言われており、内部から薄毛治療ができる医薬品です。 プロペシアは前立腺肥大の治療薬としてアメリカで生まれました。その治療の過程で薄毛の改善の兆候が見られため、薄毛治療薬として改めて研究が進み販売されたのです。日本でも2005年に販売が開始され、今では多くのAGAに悩む男性を助けています。